鍋田竹材 鹿児島件指定 伝統工芸品の証

タイトル

門松竹材発送

2014年12月18日

爆弾低気圧の影響は各地域に大きな影響が出ております。

九州外へ送る荷物は雪の影響などにより遅れが出ております。

昨日は広島より大きな門松竹材のご注文を頂きました。

高さは180㎝、荷造りしますと大人一人分ほどのサイズと重量があります。

IMG_6720

門松竹材は6本で一組、竹の長さにして約10mほどになります。

梱包は花屋さんが仕入れで花が入ってきた花箱をリサイクルで使用しています。

180㎝の長さがあるので花箱2枚を一つに繋ぎ梱包します。

IMG_6721

指定着日にて発送いたしましたが到着が遅れるかもしれません。

無事にお客様へ届きますように。

鍋田竹材では門松竹材のみのご注文も受け付けております。

さつま町産の孟宗竹を加工してお送りしておりますが、緑濃く綺麗な竹をご希望のお客様には真竹での発送も受け付けております。

今年は明日19日が九州外への発送最終日です。

九州内は22日までご注文受け付けております。

根付舟 製作

2014年12月14日

いつも観覧ありがとうございます。

日本列島各地大気が不安定で雪の影響を報道でなどで見ています。

今日の鹿児島県さつま町は曇のち雨、風は冷たく山間部では雪が積もっています。

IMG_6708

写真はさつま町紫尾山。

山頂付近は雪景色。

IMG_6709

平地では雨でしたが1000mの山では雪でした。

寒かったですが雪景色がとても新鮮で綺麗でした。

 

雪景色に見とれながらも籠用真竹など油抜き後の乾燥が曇り雨日の影響で思うように色がでません。

お待ち頂いているお客様にはご迷惑をおかけしております。

花器製作ではご注文品根付舟の製作を開始いたしました。

IMG_6703

根が反るように型の良い根付き。

台ができ次は舟型へ加工します。

2015年初出荷の花器になる予定です。

 

孟宗竹 酒樽

2014年12月09日

門松制作が最盛期、毎晩10時ころまで仕事をしています。

寒さも本格的になってきました。

年末まで門松製作は続きます。

先日地元の酒屋さんにて懐かしい物を発見しました。

 

IMG_6664

 

地元酒造メーカー様より依頼され焼酎樽を孟宗竹で制作していた時期がありました。

鍋田竹材で製造していた焼酎樽です。

記憶をたどると20年ほど前に制作していたと思います。

孟宗竹を加工、正面には焼き印。

 

IMG_6665

 

懐かしいです。

奥薩摩竹灯篭物語 竹ホタル

2014年12月09日

地元さつま町湯田八幡神社から宮之城温泉街方面へ1㎞にわたり竹灯篭7000本がならぶ「奥薩摩竹灯篭物語みやんじょ温泉竹ホタル」が12月6日〜7日開催されました。

平成18年に起きた水害からの復興と川内川に生息するホタルの再生を願い始まったイベントです。

 

DSC_6973

 

竹林の里 さつま町の宮之城温泉街には約7000本の竹灯篭の明かりが灯りました。

 

DSC_6987

 

門松制作中でしたが、竹ホタルの優しい明かりに癒されようと足を運びました。

気温は下がり寒い夜でしたが竹灯篭の温かい灯りにしばし時と寒さを忘れ見入っておりました。

 

DSC_6998

 

写真を数枚とりましたので後日動画に編集してUPいたします。

門松 孟宗竹加工

2014年12月06日

初冠雪の桜島が全国ニュースで取り上げられておりました。

各地大荒れ、雪の影響も出ております。

地元さつま町は雪までは降らず雨、風が冷たい一日。

鍋田竹材では本格的に門松用孟宗竹の加工が始まりました。

 

IMG_6666

 

日中は竹山より竹を切り出し夕方から夜にかけ加工し結びます。

毎年恒例の門松竹材制作は家族皆で協力し合い出荷させて頂いております。

 

IMG_6669

 

孟宗竹は肉厚でドッシリとしています。

節が中心になるようにカットし、切口はペーパーをあててあります。

写真の門松竹材は高さ180㎝です。

竹は根本が太く上に伸びるにつれ細くなっています。

同じ太さに合わせた門松竹材は一組制作するのに竹を6本使用いたします。

大中小と加工しても6本の竹より3組しか制作できません。

竹を沢山使用する門松竹材制作は切り出しから制作まで重労働ですが年末まで頑張ります。

門松等のお問い合わせなども受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

お待ちしております。

 

門松制作がはじまります

2014年12月04日

今年も残り一月をきりました。

鍋田竹材では毎年門松竹材を制作し全国へ発送させて頂いております。

日本一の竹林面積を誇る鹿児島県。

県内でも立派な孟宗竹が多くあるさつま町より加工済み門松竹材をお送りいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

肉厚な孟宗竹を調達し斜めに切り、切口はペーパーをあて整えてあります。

写真の竹6本の門松竹材が一セットになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真の門松竹材は高さが1mです。

ご希望のサイズや価格等など問合せよりご連絡ください。

サイズは100㎝〜180㎝まで加工させて頂きます。

IMG_4884

上記の写真は門松竹材を鉢に立て松、梅、千両、ナンテンや葉牡丹などを購入し飾りました。

さつま町限定にはなりますが門松設置から撤去までのサービスも行っております。

 

根付自在鉤 在庫品の制作完了

2014年12月03日

寒波の影響が全国的に出ています。

鹿児島でも最高気温10度を下回る寒い一日となりました。

数日は根付自在鉤の制作をしております。

他県のお客様より問合せ頂き完成に近づいております。

本日ご紹介する自在鉤は在庫品として2本制作いたしました。

IMG_6655

右側の自在鉤は薄くニスを塗り完成しております。

左側の自在鉤はこれからニスを塗り仕上げます。

自在鉤の高さはどちらとも約165㎝です。

左の自在鉤上部切口の直径約9.5㎝、右の自在鉤上部切口の直径約8.5㎝です。

下記に写真を掲載しております。

IMG_6656

IMG_6662

IMG_6661

IMG_6654

鍋などを掛ける鉤は椿などを加工しております。

写真のように自在鉤の鉤を調整する事で鍋の高さを変える事で火加減の調整や高さの調整ができます。

IMG_6657

IMG_6658

お客様のご希望に合わせた自在鉤の制作も可能です。

ご希望のサイズをお知らせ頂いてから約2ヶ月ほどお時間頂き制作いたします。

価格はお気軽にお問い合わせください。

写真の自在鉤は在庫品です。

ご注文頂きしだいすぐに発送可能です。

よろしくお願い致します。

 

鍋田竹材 0996-53-0765

 

週末東京へ

2014年12月01日

IMG_6653

週末は東京へ出かけておりました。

東京都内は久しぶりで駅で見る路線図が相変わらず迷路のよう。

通勤時間帯の山手線を初めて経験しましたが大きな荷物を片手に苦戦しました。

電車内のマナーもわからず知らぬ間に沢山の方々にご迷惑をおかけしていたかもしれません。

宿泊は親戚宅へお世話になり、都内では華道家の方とお会いしました。

お忙しい中貴重なお時間とお話をさせて頂きとても充実した週末。

お世話になった方々へこの場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

上の写真は帰りの飛行機内より富士山が見えたので写真を撮りました。

 

河川清掃 さつま町川原

2014年11月23日

天気がよく温かい鹿児島県さつま町。

本日は朝より河川草払いがありました。

鍋田竹材は川原公民館に属し川と隣合わせの地域で生活しております。

 

IMG_6624

 

さつま町の中心部を流れる川内川と水神様です。

地域の方々と一緒に水神様を中心に草払いをしました。

 

IMG_6616

 

正午前気温も上がりいい汗をながしました。

 

IMG_6621

 

慣れない草払い機を持ち少しは力になったでしょうか。

毎年元旦にはこの川で新春泳ぎ初めが開催されます。

12月中頃に準備もあるため事前の草払いでもあります。

今年も残り一月と少しですね。

根付竹製自在鉤 軸屋酒造さん囲炉裏

2014年11月22日

竹製自在鉤のご注文を頂き根付自在鉤の制作がすすんでおります。

 

IMG_6596

 

竹の種木ごと掘り出し根ハツリ火抜き加工します。

竹の大きさによりお客様のご希望にあった自在鉤を制作させていただいております。

 

IMG_6597

 

根の上を写真のように加工し鉤を入れます。

 

IMG_6598

 

土のなかにはしる種木からこの自在鉤の竹が育っています。

種木ごと掘り出す作業は重労働、掘り出す時に種木が折れないように気を使います。

種木がある事で自在鉤がバランスよく型が整っています。

 

IMG_6595

 

上記の写真は約10年前に納めさせて頂いた自在鉤です。

地元酒造メーカーの軸屋酒造様の蔵内にある屋久杉製の囲炉裏に染竹での根付き自在鉤に鉄器が掛けられています。

定期的に囲炉裏に火をいれる事で炭にあぶられ色味が深くなっているように感じます。