鍋田竹材 鹿児島件指定 伝統工芸品の証

タイトル

竹パウダー

2016年11月03日

4月より竹の粉を製造スタートさせました。

多方面での試験等今でも進んでおります。

使用者様のご意見や感想を聞きながら粉製造を行っております。

 

 

img_0336

 

 

家畜へ竹粉をあたえて約半年、使用者様の感想はとても興味深い経過が見られます。

竹の葉が積り自然の腐葉土、そこに育つ竹には土着菌をはじめ様々な栄養が水分とともに竹に吸収されます。

筍から竹に成長するまでの圧倒的な成長スピード、竹の中にはすばらしい成分の宝庫です。

竹を粉末状にして家畜の餌に毎回少量ずつ与える事で、下痢や食べ過ぎによる腸内トラブルの改善に役立ちます。

竹の中に含まれる乳酸菌が動物に良い影響をあたえてくれます。

竹のシーズン

2016年11月02日

11月、夏も終わり日中でも肌寒い季節になりました。

暑かった夏場、湿度も高くカビにやられた材も多かった夏でした。

寒くなり竹のシーズン、一年で今からの時期が竹質もよくなります。

 

 

img_0302

 

 

10月頃より根掘りをスタートさせました。

目を付けていた竹にはピンクのビニール紐を目印に、この時期がくるまで見つけておいた根掘り竹材。

一本一本手作業で掘ります。

今年も格好の良い根が多く見つかりました。

根付きの花器を製作します。

 

竹パウダーの力?

2016年09月13日

鍋田竹材の小学生が夏休み前に学校より持ち帰ったアサガオ。

竹パウダーを少し振りかけました。

一粒の種から大きく成長したアサガオは行き場がなくなり茂っています。

 

 

img_0117

 

 

毎日15から多い時で30ちかくの花を毎朝咲かせており、家族皆して驚いています。

今年から製造開始した竹パウダー。

効果の結果等は竹パウダーを製造販売している他社様のデータ等で知識として頭に入っていますが、実際に自宅の竹入アサガオの成長にはビックリしています。

 

 

img_0016

 

 

上の写真は8月20日のアサガオで下の写真は現在のアサガオです。

 

 

img_0117

 

 

周りの鉢にも竹粉を入れています。

比較材料として竹粉を入れていないアサガオを準備しておけば良かったと反省しておりますが、効果は十分にあると思っています。

花の色も濃く毎朝綺麗な花を楽しんでいます。

表札製作いたします

2016年09月12日

今年度より新しい物作りにChallenge!!とスタートした竹に文字を掘る加工をスタートさせました。

先日お知らせさせて頂いておりました竹札、祭りシーズンと重なり沢山の札のご注文頂きました。

 

 

IMG_9677

 

 

竹の皮を削り塗装する事で文字を表現しています。

 

 

img_0106

 

 

地元さつま町にて新規オープンされた『さつまいいもん』様より竹製の表札製作依頼を頂き、第一号の表札製作をさせて頂きました。

 

 

img_0107

 

 

さつま町数多くある竹山の中でも一部でしか調達出来ない真竹の節間の広い竹を使用した表札。

竹を油抜きした後に乾燥、乾燥後竹を染め文字部分を彫り製作しています。

文字の部分は竹本来の色です。

 

 

IMG_9727

 

 

竹に文字を彫れますのでアイディア次第で製品製作の幅が広がりました。

『こんな竹製品作れないか?』のお問い合わせお待ちしております。

竹コップ

2016年09月12日

福岡の方より一本のお電話を頂きました。

生竹のコップ製作依頼です。

ウィスキーなどで使用するロックグラスサイズで、飲み口は口当たりがいい削り、容量は330ccの竹コップをご希望されました。

 

 

img_0041

 

 

直径が約85mmの竹を山より探しサンプル製作。

 

 

img_0082

 

 

ぶつ切りし水を330cc入れ水面の部分でカットしました。

飲み口は削り洗って完成です。

 

 

img_0084

 

 

飲み口はナイフで削りペーパー加工。

 

 

img_0091

 

 

多少水分を抜いて発送させて頂きました。

 

 

img_0093

 

 

カクテル用に生竹を使用したいとご連絡頂いておりましたのでバーテンダーをされている方なのでしょうか。

商品到着後とても満足して頂きました。

 

金属製札 Y様より

2016年09月12日

日差しが痛かった真夏、暑さも和らぎ朝夕と涼しくなってきました。

今年の夏も沢山の出会いもあり、新規のお客様との出会いもありました。

 

Facebookよりご連絡頂いたお客様。

竹を使った作品を作りたいと材料を購入して頂きました。

アクセサリー等の製作もされており、色々なお話をさせて頂きました。

先日その方よりアクセサリー(札)を頂きました。

 

 

img_0124

 

 

鍋田竹材の入った金属製の札です。

 

 

img_0125

 

 

オンリーワンの札、手作りで世界に二つの鍋田竹材札です。

私も竹で札を製作しておりますが金属製は見る角度で輝きが変わりいいです!

お送り頂いたY様、ありがとうございました。

地元 夏祭り

2016年08月10日

8月7日(日)は地元さつま町で夏祭りが開催されました。

 

 

IMG_9966

 

 

毎年恒例となっている神輿への参加、今年は竹札を寄付させて頂きました。

 

 

IMG_9968

 

 

一滴の雨も降らない晴天、暑い中お疲れ様でした。

竹そうめん流し

2016年07月18日

晴天の今日、梅雨明けと聞きました。

待ちに待った梅雨明け、今から寒い時期に向かい竹の質がよくなります。

昨日は地元さつま町にてイベントが開催されました。

商工会よりそうめん流し製作のご依頼を頂き協力させて頂きました。

 

 

IMG_9841

 

 

長男は朝から張り切ってそうめん流し設置!

満面の笑みで記念写真撮影です。

 

 

IMG_9847

 

 

町の給水タンクを水源として設置。

 

 

IMG_9846

 

 

準備も終わり、雨も振らず無事にイベントが終了してホッとしました。

 

 

IMG_9845

 

「みやんじょdeちょい飲み」と題したイベント、現在は合併してさつま町ですが旧名は宮之城。

みやんじょの飲食店さんが中心となりブース展開、美味しい食と酒を堪能できる楽しいイベントです。

 

 

IMG_9848

 

 

竹で炊く白ご飯、竹飯盒もイベント内にて体験、私も試食させて頂きました!

竹の風味がするご飯、美味しかったです。

バーベキューの時など面白うです!!。

 

三連休も終わり明日から本格的な夏ですね。

 

竹の乳酸菌パワー 家畜利用

2016年07月15日

先日より製造開始した竹粉。(竹パウダー)

慣れない製造に悪戦苦闘しておりましたが均一な竹粉の製造が出来るようになりました。

竹にとって梅雨時期はカビ発生の悪条件が揃う時期、製造した竹粉にもカビが出るなどの問題が発生しましたが、試行錯誤の結果カビの発生を防ぐ保管方法と発酵方法を習得しました。

 

 

IMG_9693

 

 

必要に応じて様々なご提案ができる準備が整いつつあります。

竹粉の利用方法として前回もお知らせさせて頂きました家畜の飼料、土壌改良材です。

その他に様々なご利用方法がありますが家畜での利用をまずご提案させて頂いております。

 

 

IMG_9701

 

 

生後間もない子牛は乳離れから生後4ヶ月ぐらいまでお腹の調子が悪くなりやすい性質があるようです。

人間が腸の健康の為に食べる食材で発酵食品があります。

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌、漬物なども植物性乳酸菌により腸に良い働きが期待されます。納豆などもです〜!

知らずのうちに人間は発酵食品を食べる事により腸はいつも健康です。

子牛の腸にも発酵食品を食べさせる事でお腹が元気になり餌を沢山食べて大きく成長。

竹を発酵、乳酸菌が繁殖した竹粉を飼料として食べさせる事で子牛のお腹の健康が期待出来ます。

 

 

 

IMG_9699

 

 

竹粉のモニター様より子牛のお腹の調子が良くなった、毛艶がよくなり餌の食いつきが良いとご連絡を頂けるようにもなり竹乳酸菌の力を実感させて頂いております。

 

竹粉は週一ペースで製造しており、ご依頼頂いてから製造しております。

竹の持つ水分量によりロットごとに若干の質量の誤差が生じる為に重さではなくリットル単位での販売をさせて頂きます。

竹粉(さつま町産孟宗竹) 1リットル 50円税込み

牛一頭当たり8ヶ月出荷までのコストが毎回餌時5%使用で15000円程度です。

はじめて子牛へ食べさせる時には竹粉を警戒する事がありますので使用には一手間かける事をおすすめしておりますが、牛の育て方に様々な方法がありますので個別にてご提案させて頂きます。

オリジナル竹札

2016年07月15日

お祭りシーズン、地元さつま町の夏祭りは8月7日開催されます!

毎年大人神輿に参加する長男は今年も気合が入っています。

盛大に開催されるさつま町夏祭りでは太鼓や手踊り、ステージショーに花火、青森の姉妹都市より提供頂いたねぶたも祭りを盛り上げます。

 

 

IMG_9781

 

 

鍋田竹材オリジナル竹札を製造販売開始いたしました。

神輿中間が首にぶら下げていた木札を見た長男は自分も祭り札が欲しくなり竹で製作!

失敗を重ねながら上記写真の鍋田竹札が完成第一号品です。

自分の名前と町名を彫刻、一般的な木札よりも一回り大きくした事でとにかく目立ちます。

 

 

IMG_9779

 

 

様々なデザインで製作依頼を頂きました。

会社のロゴやツーリングチーム名など彫れないかとお問い合わせ頂きました。

あまりにも小さい文字やロゴは手作りにより難がありますがご希望にお答えできるよう努力させて頂いております。

名字3文字の方でも製作可能です!

小さい横文字は4文字まで入ります。

まずはお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 

IMG_9678

 

 

竹札のサイズは縦7㎝ 横4㎝となります。(手作りにより若干の前後があります)

小売希望価格1200円 送料込みで製作させて頂いております。

送料のかからない地元価格も設定しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

製作には一週間程お時間かかります。(天候により時間がかかる場合があります)

 

 

 

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »